求人ニュースで日本がわかる!

日本人はニュースが好き。だけど話題についていくという要素が大きく、本質を深く考えない。評論ではなくもっと身近な観点でリアルに今の日本をとらえます。未来のニッポン。がんばれニッポン。河口容子の辛口時評。


求人ニュースで日本がわかる!

発行部数

51〜100

50 私と米国同時テロ事件
49 世界はひとつか?
48 最近の起業家像
47 外相というお仕事
46 その場しのぎ
45 ホンネとタテマエ、嘘とお世辞
44 人を見る目
43 日傘をさす女
42 公務員はサービス業
41 やっぱりデジタル・デバイド
40 ドレス・コード
39 侵入者
38 こころの病
37 父の日
36 書店の未来
35 大ヒット商品小泉内閣
34 メル友
33 教科書検定で思ったこと
32 親の顔が見たい
31 高慢と偏見
30 マイノリティ
29 あなたの趣味は何ですか
28 産業の空洞化
27 正直者が得をする社会
26 日本の組織
25 求人充足率の謎
24 こころの時代
23 eメールの挨拶状
22 消費不況を考える
21 松田聖子的人生
20 失われたコミュニケーション
19 所有欲
18 ブランド好き
17 日本人と日本国籍
16 豊かさとは何か
15 専業主婦論争
14 有名人家族の不祥事
13 名刺の文化
12 しくみの崩壊
11 英語ブームだそうです
10 起業家時代
9 裸足族の逆襲
8 情報化という前に
7 携帯電話狂騒曲
6 ダイエーの凋落に想う
5 サラリーマンのイチロー
4 高齢化ニッポン
3 オリンピックに魔物はいません
2 寒い家族
1 足元見るな

〜足元見るな〜

短期もしくは小口ビジネスのクライアントはないかと求職サイトに初挑戦してみました。私自身、世間は広いつもりでいましたが、こんな職業があるのかと驚くと同時に、あんな低賃金でも働く人がいるのかとまたびっくり。その後、求人情報もよく見るようになったのですが、発見したことがいろいろあります。
まず、システム系の求人が多いことと、職を求める人を悪利用しているのではないか、と怪しまざるを得ない広告もかなりあることです。

以上は誰にでも想像がつくと思います。特に後者についてはサイトの運営者が中味を吟味する方法を取らないと信用を失い、すたれていく可能性があります。その実、求人がコンスタントに出てくるサイトとほとんど更新されないサイトに分かれてきている気がします。

その他、SOHO向けというのが、これまた玉石混交で、私はSOHOというのは個人であれ、法人であれ、一応専門知識なり経験を持って自己責任で営業している人のことだと思っていたのですが、内職サイトと化しつつあります。

たとえば、データ入力1件(確か1件は名前、住所、電話番号くらいの入力量と記憶します。)7円、これなど100件入れても700円です。同じ内容の仕事でもアルバイトとして通勤すれば時給1,000円はくれるでしょう。ひどくないですか?

「正社員契約のできる方」というのも、普通は社員募集(勤務形態は在宅)という募集をかけるべきではないでしょうか。「販売代理店募集」と書いてあっても単なる行商の成功報酬、しかも良識ある人には売れそうもなさそうな商品であったりします。1日数時間働いて2-3千円くらいしかくれないのに専業でやってくれないとダメ、という広告もあり、この就職難にあえぐ人々の足元を見るような企業があまりにも多すぎるのに驚きました。

「ここには50才以上の管理職と新卒には求人はありません。」とまず一言書いてあるサイトもあり、年金がもらえる60才まで夫婦でどうやって生活するだろうか、とか新卒の人が社会経験もさせてもらえないのなら、一生フリーターをやるのだろうか、と日本の未来を案じてしまいます。

昔は求人求職というのは、ある程度層的に秩序があった気がしますが、今は入り乱れての分取り合戦。少し前ならコネで再就職できたような大手企業の元管理職とその奥さん、フリーターの子供が家族そろって同じ仕事を奪い合っている可能性すら想像できます。

一方、企業は増益などという記事が新聞に踊りますが、必ず「人件費削減が寄与して」と書いてあり、中高年社員を肩たたきして、上記のような形で労働力を補っていることがありありとわかります。単なる年功序列は廃止すべきですが、実力主義に変わったとも思えません。「実力」が何であるかの定義さえできていない気がします。労働力の使いすて、企業の目先だけの利便性で「実力主義」という言葉だけがひとり歩きしているという不安すら覚えます。

仕事というのは自己実現、スキルの育成、またそのプロセスの楽しみもあって個人的には苦しさを乗り越えられるし、企業の発展性や活性化を支えているのだと思うのです。これが「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といわれた頃の日本の強みであったと思いますが、このままだと誰も彼もがライバルで、仕事はお金を稼ぐ手段にしかならなくなってしまいます。

社会に出てからの全面的な教育は、時間的にも内容的にも人生にとっては大切なもののはずです。家庭教育はなっていない、学校教育の崩壊とあいまって、これではオタクを山のように作るか日本中アウトローだらけになってしまいます。

ほんとうに実力があって、それなりに努力した人が早く社会で認められるというのは良いことだし、少数であっても昔からあったと思います。個性を重視するのも大切なことです。でも、日本では思いつきばったりでやったのが当たっていきなり勝ち組みになったりします。基本的にお金をもうけるか否かで「勝ち組み、負け組み」という判断をするのは嫌いです。お金はひとつの重要なものさしではありますが、それがすべてではありません。社会に貢献する、弱者を保護するというような人間として上等かどうかという部分がすっかり忘れ去られてしまっています。

企業も個人も社会の大切な構成要員です。人格的にすぐれた友人を持つことが誇りであると同様に企業も利益を追求するだけでなく、その企業にかかわる人すべてが誇れる立派な法人であることを願ってやみません。




スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


河口容子データ

河口容子自己紹介

輸入関連

小口輸入・販路拡大支援サイト
販路ドットビズ

(財)製品輸入促進協会(MIPRO)
日本貿易振興会(JETRO)
国際機関日本アセアンセンター

デジタルたまごや

アンコールワット世界遺産

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

携帯版のQRコード

<$mt:BlogName$>:携帯版
3キャリア対応

当サイトは携帯でもご覧頂けます。上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。携帯サイトは3キャリア対応です。



最終更新日:2011.10.05

  デジタルたまごやトップ

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せ