[027]戦争とウィルス

 国際的にビジネスをする者にとって為替の動きはもちろんのこと国際情勢に始終はらはらしています。不幸にしてイラク戦争は始まってしまい、最初の噂のように短期終結は望めそうもありません。また、期を同じくして広東と香港を中心に謎の肺炎SARSが世界中へ広がり、国際的に移動をするビジネスマンにとってはダブルパンチともいえる今日この頃です。
 日本を代表するメーカーに勤務する知人は、戦争によるテロの危険で米国出張が取りやめになったとか、このメーカーには米国と日本を毎月往復するエンジニアも多々いて同時多発テロ以来不安な日々を送っているそうです。
 私のビジネスパートナーの会社は広州と香港に本拠を置いていて、まさにSARSの震源地にいるわけですが、様子を聞いたところ、市民は公共の乗物には極力乗らない、人通りの多い所に行かない、ミーティングを減らすなどの自衛策を取っているとかで、仕事どころではありません。ニュースによると香港への観光客も90%減、不況の香港に追い討ちをかけているようです。
 ジャカルタにいる友人の華人経営者は、テロを恐れて開戦後欧米の顧客の出張キャンセル、もしくは、シンガポールのような他国でのミーティングを希望されるケースがほとんどで、戦争が長引けば商売あがったり、と嘆いています。


 湾岸戦争の時は、夫と子供に見送られる女性兵士という見慣れない光景に驚きを感じたものですが、その私も多国籍軍に参加しているヨーロッパの国々を出張中で、テロが起きてはいないかと暇さえあればホテルのテレビのニュースを見ていました。私の同僚の女性はなんと中東に出張中で帰国したとたんバグダッド空襲が始まったという按配でした。今回のイラク戦争でも女性の従軍記者をたくさん見かけますが、「女性と戦争」の景色も変わりつつあります。
 一方、ウィルスのほうもこれは目に見えないだけに、そして日本人は清潔な暮らしに慣れすぎているため免疫力が弱く、厄介なものです。取引先の男性で指に怪我をして海外に出かけたところ、先進国の水道水で洗っただけなのに帰国後手全体が腫上がり切断の危機を迎えた話を聞いたことがあります。以前、飛行機の中は世界中のウィルスがうようよいると聞いたことを思い出し、海外に行くときはなるべく洗えるものを持って行き、帰国後全部洗濯することにしています。スーツケースなどは除菌スプレーをかけ丸一日天日干しをします。もちろん、出張中は先進国であっても消毒薬と抗菌目薬はいつも持って歩きます。乾燥する地域であれば喉スプレーも必携です。「神経質」と笑われることもありますが、「備えあれば憂いなし」。
 国際ビジネスとは関係なくてもゴールデンウィークの海外旅行を取りやめざるを得ない日本人はたくさんいるでしょう。国内にいてもイラクに第三の敵国と名指しされた日本、テロが気にかかります。そしてもう一方で北朝鮮との緊迫した空気も感じられます。平和の世紀にと願って始まった21世紀ですが、戦争とウィルスという試練の前に人類は何も進歩していないかのように見えます。ウィルスは別として万人にベストという解決法は難しいものの、地球共同体としてより良い解決がなされる日が1日でも早く来ることを願っています。
河口容子