[172]インドネシア閣僚そろい踏み

 先日、「インドネシア経済・投資セミナー」が経団連会館で開催されました。講演はユスフ・カラ副大統領をはじめ、ブディオノ経済担当調整大臣、イドリス工業大臣、パンゲストゥ商業大臣、ルトフィ投資調整庁長官という超豪華メンバーで、それも一般ビジネスマンに公開されたイベントであるという点もいかに同国が日本からの投資促進に力を入れているかがわかります。
 インドネシアは世界有数の資源国で、マラッカ海峡を渡らなくてすむ安全な燃料の供給国であり、その他産品の輸出国として、日本の大切な貿易パートナーです。また、戦後の賠償から始まり、現地への投資も長い歴史を持っています。ところが、アジア通貨危機と時を同じくして中国の台頭があり、日本からの投資は中国へ向いてしまいました。最近、チャイナ・リスクをおそれてまたアセアン諸国への回帰が見られますが、さまざまな国が海外投資の優遇策を打ち出しており、特にベトナム、タイ、そしてアセアン外ですがインドへ投資は奪われており、インドネシアの出遅れ感はいなめません。
 ユドヨノ政権誕生後、汚職の徹底排除や貧困層への援助などクリーンで安定した国家建設をめざしていますが、日本の 5倍の国土(18,110の島からなる島嶼国家ですのであまり広いというイメージはないかも知れません)を持ち、人口は 2億人以上という大国の安定はアセアン諸国の中にあっても、日本にとっても経済と安全保障上大切なことです。また、その人口の 9割近くがイスラム教徒で、世界一のイスラム教国家でもあります。
 過去に 2年立て続けにインドネシアの貿易機関を訪問し、一緒に仕事をしたことがありましたが、 1年目と 2年目で大きな違いがありました。 1年目はごくごく普通の対応でしたが、 2年目はトップへの表敬訪問では大きなテーブルからこぼれんばかりのお菓子でもてなしてくれ、各部署でいろいろお土産をくださいました。また、ドライバーつきでの観光やディナーなどと申し訳ないような接待ぶりだったのです。帰国して前年との違いの理由を考えたところ、どうも原油高で政府がうるおったのではないかという結論に達しました。小国で資源貧乏国の日本人はあくせく働くしかなく、資源国というのは本当にうらやましいと思いました。今回来日されたのは副大統領以下閣僚ということもありますが、シンガポールやマレーシアのような先進国家的なリッチさを感じさせ、インドネシアの経済環境の改善をうかがい知ることができました。
 もうひとつ、英語力です。カラ副大統領の講演はインドネシア語でしたので英語は不得手な方かと思いきや、聴講者からの質問には英語でどんどん答えておられ、閣僚にいたっては皆さんネイティブ並みの英語力です。もともとインドネシアはオランダ統治の歴史が長く、インドネシア語はアルファベット表記ですが、発音はオランダ語の影響を受けています。インドネシアの方の英語はどうしてもその癖が出ますが(ドイツ語を履修した方なら法則はわかります)来られた閣僚にいたってはまったくインドネシアなまりがありません。日本の閣僚がこれだけそろって英語で講演を行い、質疑応答にも答えられるかというとかなり厳しいものがあります。英語圏であるシンガポール、マレーシア、ブルネイ、フィリピンには無理としてもインドネシアにも負けるとは日本の国際化も前途多難のようです。
 インドネシアに関しては聴講者からの歯に衣着せぬ質問が多く、いつもハラハラドキドキと笑いに満ちているのが特徴です。今回も「本当に汚職はなくせるのか」(なくさないと立ち遅れますよ、という親心的ニュアンスのあるものでした。)や「最近中国と急接近し、日本を向いていないんじゃないかという声があるがどう思うか」という質問には副大統領が「中国製品は品質が良くなくても安い。わが国は貧しいから中国製品を買わざるを得ない。でも常に安さが優先するわけではなく、高いけれどベストの品質である日本製品を私たちは好きです。」と答えられ、会場から大きな拍手がわきおこりました。
 ある年配の男性が「私はスマラン(ジャワ島中部)の生まれです。ジャワの農業を忘れちゃだめだ。豊かな土地です。オランダにずっと支配され、華僑に絞り取られ、インドネシア人は何をしてきたのか。工業化だけでなく原点に帰って考えたほうがいい。」というような意見を述べられました。経済担当調整大臣は苦笑されて「プログラムを組んだのは私です。農業を取り上げず申し訳ありませんでした。」と答えられました。スマートなインドネシア閣僚とジャワの心を持った日本人。この対比がおもしろくもありましたが、 2国間の友好の歴史と素直に物を言える相手を持つ心地良さも同時に感じました。
河口容子