[027]戦争とウィルス

 国際的にビジネスをする者にとって為替の動きはもちろんのこと国際情勢に始終はらはらしています。不幸にしてイラク戦争は始まってしまい、最初の噂のように短期終結は望めそうもありません。また、期を同じくして広東と香港を中心に謎の肺炎SARSが世界中へ広がり、国際的に移動をするビジネスマンにとってはダブルパンチともいえる今日この頃です。
 日本を代表するメーカーに勤務する知人は、戦争によるテロの危険で米国出張が取りやめになったとか、このメーカーには米国と日本を毎月往復するエンジニアも多々いて同時多発テロ以来不安な日々を送っているそうです。
 私のビジネスパートナーの会社は広州と香港に本拠を置いていて、まさにSARSの震源地にいるわけですが、様子を聞いたところ、市民は公共の乗物には極力乗らない、人通りの多い所に行かない、ミーティングを減らすなどの自衛策を取っているとかで、仕事どころではありません。ニュースによると香港への観光客も90%減、不況の香港に追い討ちをかけているようです。
 ジャカルタにいる友人の華人経営者は、テロを恐れて開戦後欧米の顧客の出張キャンセル、もしくは、シンガポールのような他国でのミーティングを希望されるケースがほとんどで、戦争が長引けば商売あがったり、と嘆いています。

“[027]戦争とウィルス” の続きを読む