[371]ブルネイの人々 冬の東京に集う

「ブルネイにお詳しいとお聞きしたものですから」と JETROの方から電話をいただき、ブルネイのハンディクラフト業者がIFFT(国際家具見本市)に出展したのを機にレセプションがあるのでどうぞ、というご案内をいただきました。ブルネイのハンディクラフト業者にセミナーを現地で開いたのは2004年です。たった一人で 2日半のセミナーを仕切るという大役でした。もともと企業数が少ない国ゆえに私の知っている人が誰か来ているだろうと出展業者のリストを見ると2003年以来交流のある刺繍製品の会社の女性オーナーの名前を見つけました。彼女はグッドデザイン賞アセアンセレクションの第一回受賞者です。

当日は雨の強い寒い日でした。まずはブースに向かうと刺繍の女性がいました。今までご主人の顔どころか、話すら聞いたことがないのに今回はご主人も一緒の来日です。「寒いでしょう?」と赤道直下から来た二人に言うと「寒いけど、大丈夫」とニコニコ、大手デパートのバイヤーが見に来てくださったのだとか。彼女に「ねえ、あちらの会社の女性って私のセミナーに来てくれていましたか?」と聞くと「そう来ていたわよ、覚えてる?」彼女はさっそく織物の会社の女性オーナーの所へ連れて行ってくれました。「私もよく覚えています。」と織物の女性。2004年に会った時は丸顔のやさしくてきれいな人だという印象がありますが、少し日に焼けて年をとった感じがしました。「私たちもあの時は若かったわよね。」と私。「今だってみんな若いわよ。」と刺繍の女性。もう 1社はクリスタルガラスのメーカーですが、こちらはグッドデザイン賞アセアンセレクションの第二回受賞企業です。

実は JETROが 2年がけでデザインなどの専門家をブルネイに派遣し、日本市場向けの商品化指導を行い、IFFTが発表会というわけです。なぜ、ブルネイかと不思議に思う方が多いでしょうが、日本の LNG輸入の約10%をブルネイに依存しているのです。日本は世界の LNGの約 4割を輸入している世界最大の LNG輸入国です。インドネシア、マレーシア、オーストラリア、カタールに次ぐ輸入相手がブルネイなのです。ブルネイとの経済連携協定 (EPA)も2008年 7月に発効し、先日のシンガポールでのAPECでも鳩山首相がブルネイのボルキア国王と会談、ブルネイが LNGの長期安定供給と来年のAPECでの議長国日本を支持することを確認しました。このハンディクラフトの件も資源外交の延長線上にあることは間違いありません。

さて、お次はレセプションでレストランを借り切って行われました。もちろん駐日ブルネイ大使も出席されました。このレセプション、ドレスコードはセミフォーマルと書いてありました。最近はフォーマルと言ってもかなりカジュアル化していますので、はてセミ・フォーマルとはどのくらいのレベルなのかと数日悩んだ事は確かです。ましてや私の場合はビジネスパーソンとして招待されているわけでいつでも名刺を出してビジネスの話をするのをふさわしいスタイルでなくてはなりません。

黒地に水彩タッチのプリント柄のついたシフォンのミニ・ドレスに黒の長めのジャケット、チャコールグレイのタイツに黒のスエードのくしゅくしゅ感のあるロング・ブーツにしてみました。カジュアルなイタリアン・レストランですのでブーツでもスエードなら平気だろうと判断したのです。タイツにブーツの組み合わせは厳格なイスラム教徒である彼らに対しても脚を見せないという配慮もあります。日本在住のブルネイ女性なのでしょうか。被り物をしているもののやはりミニスカートにロング・ブーツ姿を発見。このくらいならドレス・コードなんてわざわざ書かなければ良いのにと思ったくらいです。こういう時男性のスーツと女性の民族服は本当に便利とうらやましく思います。

大きな地図で見る
河口容子

[339]セミナーは「気づき」の場所

 先週号の最後に書いた香港の新会社のメンバーとは今年の春に黒龍江省のハルピンでセミナーを開く計画をたてていました。ハルピンは寒いのでなるべく遅いほうがいいと願っているうちにどんどん延期になってしまいました。そのうち彼らが立ち上げた会社のパートナーとなり、新会社とは別に 6月には東京でセミナーを行うことになり、一方香港側は中国の 4大銀行の一行を対象に「投資銀行業務と M&Aのケーススタディ」という大規模な研修業務の仕事が出てきたようです。いよいよ香港の C氏の金融のプロとしての出番です。彼は中国でもトップの清華大学の准教授であり、香港大学の講師でもあります。こんな訳でハルピン行きはしばらくお預けです。
 「演壇に立つのは緊張しませんか」とよく聞かれるのですが、私はたくさん聴講者が来てくださるほどやる気になるタイプです。大学の専攻は教育学で教育方法学とカリキュラムが専門だったからかも知れません。仕事を大系化、理論化するのが上手と言われるのもどうやら教育学のおかげのようです。教育学は理論のみで成り立たず、経験の理論化だからです。いかに教えるかは結果の裏読みと言いましょうか、覚えてもらうことをどう理解してもらうかスケジュールをたてて準備する事でプロジェクト管理に非常に似た工程です。しかも相手の理解度や性格まで読み取って工夫しますのでこういう観察力や洞察力もビジネスでは交渉やリスク・マネジメントに役立っている気がします。
 海外ではマレーシア、ブルネイ、ベトナムでいずれも政府機関主催のセミナーで講演を行った経験がありますが、日本と比べて圧倒的に違うのは聴講者が非常に熱心な事です。マレーシアではランチタイムに聴講者が一斉に私の隣に座ろうとしたためパニックになり、事務局の職員が私のまわりを取り囲んで立ち入り禁止地域を作ったほどです。質問の時間になると挙手の波で私は演壇から降りマイクを持って走り回って回答をした思い出があります。ブルネイでもグループ・ディスカッションでは遅くまで残って討論する姿が見られましたし、ベトナムでは女性の政府職員が感動して泣いてしまったこともありました。
 セミナーには不特定多数の方が来られますので、講師側からすれば全員のニーズを満たすことは非常にむずかしい事です。2007年12月 6日号「ベトナムで教える、ベトナムで学ぶ」の最後に出てくる竹細工の工場のオーナーは私のセミナーで「品質」というキーワードに触発され、 ISO9001を取得したことからベトナムで最大の竹細工の工場になりました。こういう「気づき」ができる方は素晴らしいと思います。
 日本では民間企業がビジネスとして行っているものも含めセミナーがあまりにも多すぎ、新鮮味が薄れているような気がします。私も情報収集と自分が講演を行う時の参考にと、よくセミナーを聴講します。不快なのは、名前だけ有名で内容もお粗末かつ誠意のない講師、自慢話や昔話の多い講師、パワーポイントや資料など一切準備しない講師、専門分野の詳細を喜々として延々と話す講師、時間オーバーでも一切気にしない講師、などです。彼らは反面教師として私が演壇に立つ時の参考になるので感謝することにしています。聴講する側も暇つぶしや社命で仕方なく来ているのか居眠りが目立ちます。あるセミナーでは講演が始まる前から大いびきで寝ている中高年男性がおり、起きていたのは何と休憩時間だけで短時間のうちにちゃっかりコーヒーを飲み、また大いびき。アジアのセミナー会場ではまったく見ることのできない風景でした。
河口容子
【関連記事】
[338]ゼネラリストというスペシャリスト
[266]ベトナムで教える、ベトナムで学ぶ
[071]ブルネイ特集 祈りとセレブな日々
[2002.03.28]アセアンの国から~1~