[243]とんでもハップン(5)

パリを含む労働許可証をやっと手にしたものの、行政側のミスで通知が遅れたから半年無駄になっている。次の更新は8月、その時に過去三か月分の給料明細が必要だからさっさと就職しないと更新が出来なくなる。早速パリの日本語新聞を舐めるように眺めて幾つかの会社に応募する。でも、船の仕事もあるから探しているのは船に添乗することを可能に出来るパートタイムの仕事、そうなるとなかなか思うようなところが見つからない。
普通のパートタイムでも毎日出勤が原則、月に1回、1週間程度の乗船になるからそこだけ休めるパートタイムの仕事なんて、中々見つからない。船の仕事は契約上、最低賃金に成功報酬だからこれまでもそうだけど、生活なんで出来る収入にはならない。家賃もまともに払えるほどでないから貯金を崩しての生活。でも、これ以上それは出来ない、労働許可証もあるんだから何とかしないと、気持ちは焦るのみ。
幸いなことに私は英語が出来るから、仕事の検索範囲も日本語新聞からパリ在住の英語圏の新聞にも目を通してみた。面白いことにたまにだけど「日本語が出来る人材募集」というのもある。日本語新聞でなくあえてこのような所に出しているのはフランス人で英語と日本語が出来る人を狙ってのことらしい。だから日本人の私が応募したら、どの会社もすぐに面接という事になった。数件の面接の中、船に乗ることを許可してくれた会社が2社。
片方は日中、もうひとつは夕方からの仕事で、この2本を組み合わせればなんとか生活も少しは楽になるとぬか喜びしていたら。とんでもハップン。採用を決めて起きながら両社ともいきなり「やっぱり考えが変わった、不採用」という連絡が。1社は電話で告知、もう一社は初出勤した直後にそれを言われ、ハンマーで頭を殴られたような感じ。
採用通知は電話で受けても必ずメールか何か形に残るものを貰うことをここで学ぶ。
この事が起きて1ヶ月後、やっと就職が出来ました。ある程度の規模のある営利団体でしっかりしている。採用までの面接が長く終わるまで不安に刈られたけれど無事就職。
パリで英語を使っての仕事検索はこちらのサイトが豊富
http://www.fusac.fr/en/annonces_categories.php
http://paris.craigslist.org/
http://www.franglo.com/classifieds/index.php
夢路とみこ
[関連記事]
とんでもハップン(4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です