[277]パリで食べるパン(2)

パン屋は仏語でBoulangerieブーランジェリーと呼び、その中でも店内で下地を作り、こねて発酵させてという手順を全部踏んでいる店はArtisan アルティザンとかArtisanal アルティザナル,つまり職人の店であることが看板に明記されている。
「職人の店」と聞けばいかにも「拘り」の店なんでしょうけど味にはばらつきあり。もちろん好みにも寄りますけどね。美味しくない店もある。反対に「職人の店」ではなく、どこかの工場で一斉にパンだねを作って、それぞれの店にある電気オーブンで焼いているチェーンの店でもおいしい店はあり、私は好んで買う店があります。
シャンゼリゼはワシントン通りRueWashington、スウォッチのお店の横を入った先にあるこの通り、ここには私が朝食を抜いた朝、駆け込むチェーンのパン屋、ミドレがあります。ここは菓子パンを中心にサンドイッチやサラダ、お惣菜そしてお菓子などがあり、ランチタイムには付近の会社員で行列。
私はここでクロワッサンなどの菓子パン、パティスリーを買います。他のものは特にここで買いたいと思うほどのインパクトはなし。美味しいけどね。しかし、クロワッサンに関しては、やっぱりこの店のものが美味しいとおもいます。
ときどきエクスパット・パリのイベントで見学するパリで一番古いバゲットパン屋のオーナーから聞いた話。クロワッサンには2種類あって、三日月のように尻尾の部分が内部に向いているものは伝統的なバター入りのクロワッサン、それが延びていて形の悪い三日月はマーガリン入りのクロワッサン。ダイエットや乳製品アレルギーの人いますからね。
クロワッサン、食べたい気持ちは良く分かる、でも、マーガリンではクロワッサン本来の薄皮のような決め細かさが出ないからおいしくない。もちもちしたミルフィーユのような薄さが美味しさここでは不可欠なのに。ミドレはバターはもちろんその量も加減しているせいか、油っぽくないのが美味しさの理由かしら。
シャンゼリゼのミドレ
Midore
7ruede Washington 75008 tel:01 42 89 34 93
パリで一番古いパン屋
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/20090217.html
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/20090470.html
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です