[287]新居獲得奮闘気(1)

気まぐれな同居人からいきなり退去勧告を受けてから毎日ネットと日本語の無料ペーパーを読み漁る毎日。めぼしい所を見つけては見学アポを取るもののタイミングが悪く他に取られたりはしょっちゅう。ムカついたのは、朝電話して昼過ぎに見学に出向くメトロ移動中に先方から電話があり、「今、他の人が契約したから」というものも。先約があるならそう言ってくれればいいのに、その人が決まらなかったら見学に行くのにと悔しい思いをしたことが何度も。
でも、数あるムカつく話の中でも一番カチンと来たのは、私しか見学者がいない物件と確認してたのに見学時間の30分前に電話があり「今他の人が見学して決まりました。でも他の物件ですぐ紹介出来る所がありますから」と言われその物件を聞くと、こちらが興味を示していた場所や料金とはまったくかけ離れたもの。こちらが焦って物件を探していることに付込んでいたとしか思えない話ぶり。その人が日本人であった事に更にむかつきました。
パリで住居を見つけるのは半端じゃない。周囲の人の苦労は何度も見ているし、入居が決まるまで大家さんとのバトルもあるし、退去するときのバトルに至っては裁判沙汰になったケースも知っている。ネットに掲載されている個人者による賃貸は悪質なものもあるようで、敷金だけ取ってとんずらしたとか、入居したら合鍵で空き巣にはいったとか。だから私が新居を探していると知った周囲は金額に無理があったとしても、不動産屋を経由したほうが無難だよ、と何度も忠告を受けました。
個人契約だったら不動産屋のように敷金、礼金で4か月分近くが請求されることはなく、大家によっては敷金1ヶ月の入居時の家賃のみというところもあります。しかし、滞在許可証や家賃補助に必要な書類を出してくれない人もいるので要注意。
個人の賃貸を頼って連絡がまともに取れたのは30件、うちかろうじて10件は見学まで至れました。でも、どれもこれも実際に見てみると条件に合わず、もうだめだ暫くユースホステルにでも住むかと思った矢先に見つけた今の自宅、レ・ゴブランのアパルトマンは屋根裏部屋。人生半分以上生きた中で一番狭いスペース。でも同僚が「Mieuxpetit chez soi que le grand des autres 広い他人の家よりも狭い我が家の方が幸せ」と新生活にはなむけの言葉を送ってくれました。
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です