物置の選び方、上手な買い方、設置方法を提供しています

物置の上手な選び方

何をしまうのか?
物置はしっかり設置
設置場所の確保
ちょうどいい場所にある雨水マス
設置できない場所
多雪地型物置とは?
物置のタイプは二種類
結露にご用心
建築確認
幅よりも奥行きで選ぶ
開口部の広さ
床に何を敷くか?
組立工事と転倒防止アンカー工事
古い物置の撤去
便利小技【懐中電灯】

便利小技【収納ボックス活用】

メーカー別の特徴

これはもう部屋。イナバ物置ナイソー

屋根傾斜変更可能イナバベイシー

シャッター式イナバ物置ドマール

高基礎仕様が可能なドマール

ドマールをゴミ置き場に使う

同メーカー同面積タイプ別比較【イナバ】

各メーカー土間タイプ製品比較


最終更新日:2008.11.20

訪問者数:カウンター

デジタルたまごやトップ

 ホーム > 設置場所の確保

設置場所の確保

物置は自分で建ててもそれほど難しくありません。レンチや水準器などの工具も梱包に含まれています。しかしそれでも設置に不安がある場合は、組立工事付きの商品を購入するといいでしょう。北海道や沖縄を除けば、組立て工事をしてくれるメーカーも多くあります。

スポンサード リンク

自分で組み立てるにしろ、業者さんにやってもらうにしろ、設置する場所は確保しておく必要があります。物置が届いてから、大きすぎて設置場所に収まらなかったり、屋根が母屋に引っかかったりすると、余計な労力を必要としますし、業者に頼んである場合は、追加料金を取られることにもなりかねません。

設置予定場所は、寸法が間違いなく測れるように、ものをどけて準備しておく必要があります。

メーカーによっては古い物置の撤去までやってくれるところもあります。もちろん有料になりますが、この場合も同じような物置に限りますので、大きな石がおいてあったり、小屋があったり、立ち木があったりする場合はさすがの業者さんもお手上げとなりますので、このような場合は造園業者などに事前に頼んで撤去してもらってください。