物置の選び方、上手な買い方、設置方法を提供しています

物置の上手な選び方

何をしまうのか?
物置はしっかり設置
設置場所の確保
ちょうどいい場所にある雨水マス
設置できない場所
多雪地型物置とは?
物置のタイプは二種類
結露にご用心
建築確認
幅よりも奥行きで選ぶ
開口部の広さ
床に何を敷くか?
組立工事と転倒防止アンカー工事
古い物置の撤去
便利小技【懐中電灯】

便利小技【収納ボックス活用】

メーカー別の特徴

これはもう部屋。イナバ物置ナイソー

屋根傾斜変更可能イナバベイシー

シャッター式イナバ物置ドマール

高基礎仕様が可能なドマール

ドマールをゴミ置き場に使う

同メーカー同面積タイプ別比較【イナバ】

各メーカー土間タイプ製品比較


最終更新日:2008.11.20

訪問者数:カウンター

デジタルたまごやトップ

 ホーム > 物置のタイプは二種類

物置のタイプは二種類

物置は大きく分けると、リーチインタイプとウォークインタイプとに分かれます。リーチインタイプは腕だけを入れる、という意味のとおり、扉を開けるとすぐに棚があるタイプです。出し入れが頻繁で、かつ整然と整理するのに向いています。奥行きが薄く、狭いスペースや軒下、窓下に設置できるので設置場所を選ばないオールマイティな物置です。欠点は奥行きがあまりないので大きなものの収納には向かないことです。

スポンサード リンク

ウォークインタイプは、自分自身が物置の中に一歩入って(ウォークインして)収納作業をするタイプの物置です。大きめの芝刈り機や自転車など大きなものの収納に向きます。また物置の中に入ることができますのでちょっとした作業や雨に濡れずに出し入れができるところが便利です。電灯設備をすれば、作業小屋としても使用可能です。

最近はリーチインタイプでも高さと奥行きがあるものがあり、またウォークインタイプではより背の高いトールタイプのものも多く出回るようになって来ました。こういったタイプは丸めた絨毯やよしずなどもしまえて便利です。

移動する予定がある場合は、リーチインタイプが便利です。引越し先がマンションでもそのままベランダで使えます。ウォークインタイプは永住型といえ、設置替えはできないことはないですが難しいです。リーチインタイプとウォークインタイプは一長一短ですが状況に応じて選べばいいと思います。