物置の選び方、上手な買い方、設置方法を提供しています

物置の上手な選び方

何をしまうのか?
物置はしっかり設置
設置場所の確保
ちょうどいい場所にある雨水マス
設置できない場所
多雪地型物置とは?
物置のタイプは二種類
結露にご用心
建築確認
幅よりも奥行きで選ぶ
開口部の広さ
床に何を敷くか?
組立工事と転倒防止アンカー工事
古い物置の撤去
便利小技【懐中電灯】

便利小技【収納ボックス活用】

メーカー別の特徴

これはもう部屋。イナバ物置ナイソー

屋根傾斜変更可能イナバベイシー

シャッター式イナバ物置ドマール

高基礎仕様が可能なドマール

ドマールをゴミ置き場に使う

同メーカー同面積タイプ別比較【イナバ】

各メーカー土間タイプ製品比較


最終更新日:2008.11.20

訪問者数:カウンター

デジタルたまごやトップ

 ホーム > 結露にご用心

結露にご用心

物置は薄い鉄板でできているため、もともと湿気や結露には弱いものです。結露防止型の物置も販売されていますが、温度差のある地域では万全ではありません。濡れて困るものは屋外の物置ではなく屋内に収納するようにしましょう。

結露とは温度差によって空気中の水蒸気が凝固し水となって壁面や天井に着く現象をいいます。暑い夏の日に冷たい水を入れたコップの表面に水滴が付きますね。これが結露です。結露をほっておくとカビの原因になります。また収納物を濡らしてだめにする場合もあります。

スポンサード リンク

結露は物置内の暖かい空気が冷やされることで発生します。たとえば積雪地において屋根に積雪がある場合に西日で物置が温められた場合、中の空気は暖められますが、屋根は雪が積もっているので天井で冷やされ、そこに結露が生じます。結露防止型は積雪地や寒冷地では必須です。物置を選ぶ場合に結露防止型(結露減少型といっているメーカーもあります)が設定されている場合は迷わず結露防止型を選びましょう。

結露防止型の物置は屋根パネルの室内側に発泡ポリエチレンなどの断熱材を貼り付けたものです。したがって自分で結露対策を行う場合は発泡材を屋根やパネルに貼り付けることで可能です。DIYでもできそうですね。