物置の選び方、上手な買い方、設置方法を提供しています

物置の上手な選び方

何をしまうのか?
物置はしっかり設置
設置場所の確保
ちょうどいい場所にある雨水マス
設置できない場所
多雪地型物置とは?
物置のタイプは二種類
結露にご用心
建築確認
幅よりも奥行きで選ぶ
開口部の広さ
床に何を敷くか?
組立工事と転倒防止アンカー工事
古い物置の撤去
便利小技【懐中電灯】

便利小技【収納ボックス活用】

メーカー別の特徴

これはもう部屋。イナバ物置ナイソー

屋根傾斜変更可能イナバベイシー

シャッター式イナバ物置ドマール

高基礎仕様が可能なドマール

ドマールをゴミ置き場に使う

同メーカー同面積タイプ別比較【イナバ】

各メーカー土間タイプ製品比較


最終更新日:2008.11.20

訪問者数:カウンター

デジタルたまごやトップ

 ホーム > 開口部の広さ

開口部の広さ

最近の物置の扉は大変軽くできています。扉が開かなくてがたがた大きな音を立てていたのは昔の話で、今は片手でスッと開きます。しかも全幅の3分の2が開口部になる連動吊り戸式の扉となっています。開口部は左右選択可能なので、敷地に合わせて開口部を選ぶことができます。家の北側など敷地の角地に設置する場合、左角地には左開きを、右の角地には右開きにすると便利がいいでしょう。

スポンサード リンク

把手は背の高さに関係なく操作できるユニバーサルデザインをどのメーカーも採用しています。子供やお年寄りでもスルスル開閉が可能です。扉をガイドする下のレールもバリアフリーとなっていて収納作業に邪魔にならない設計となっています。よく土足の土がレールでこそげ取られ、物置内を汚すことがありましたが、そのような心配も無用です。

また、ほとんどのメーカーにおいて扉は外側開閉ですから、内側の固定パネル部分にものが寄りかかっていても開閉には支障がありません。古い安い型式の物置には内側開閉の扉のものもありますが、このタイプは扉が内側に格納されるため、その部分にものが寄りかかっていると扉が閉まらなくなることがよくありました。今はその心配はありません。扉を気にすることなくどんどん物を格納してください。