物置の選び方、上手な買い方、設置方法を提供しています

物置の上手な選び方

何をしまうのか?
物置はしっかり設置
設置場所の確保
ちょうどいい場所にある雨水マス
設置できない場所
多雪地型物置とは?
物置のタイプは二種類
結露にご用心
建築確認
幅よりも奥行きで選ぶ
開口部の広さ
床に何を敷くか?
組立工事と転倒防止アンカー工事
古い物置の撤去
便利小技【懐中電灯】

便利小技【収納ボックス活用】

メーカー別の特徴

これはもう部屋。イナバ物置ナイソー

屋根傾斜変更可能イナバベイシー

シャッター式イナバ物置ドマール

高基礎仕様が可能なドマール

ドマールをゴミ置き場に使う

同メーカー同面積タイプ別比較【イナバ】

各メーカー土間タイプ製品比較


最終更新日:2008.11.20

訪問者数:カウンター

デジタルたまごやトップ

 ホーム > 各メーカー土間タイプ製品比較

各メーカー土間タイプ製品比較

 

イナバ床面積3.96平方メートルMFW-40HB(2.21x1.79)
土間タイプ¥177,450
ドマール

ヨドコウ床面積4.12平方メートルLOA-2218HD(2.21x1.86)
土間タイプ¥192,150
エルモ

タクボ床面積4.23平方メートルSD-2219(2.20x1.92)土間タイプ¥210,000
Mr.シャッターマン

スポンサード リンク

こうしてみると、各メーカーとも同じ大きさのものを作っていないことがよくわかります。微妙にサイズを違えて製品化しているのですね。物置は比較されやすい商品なので、おそらく同じ大きさをわざと避けているのでしょう。

しかし、これはむしろ好むべきことです。なぜなら物置はあらかじめ狭い場所を設置場所とするため、サイズは細かく設定されていることが望ましい。しかしそれを一つのメーカーに望むことはコスト面で難しいです。しかしメーカーでそれぞれ違うサイズを販売していれば、その中から自分のサイズにあったものを選べるということになります。ただし、そのメーカー品に限られてしまうということは言えますが。