四柱推命による運命鑑定、人生相談、開運指導をいたします。

四柱推命による人生相談

 

たまごやの四柱推命

四柱推命とは?

ご利用方法と鑑定お申込み

四柱推命秘奥儀

占いコラム

 

内親王さまを占う

太いバス道路にご注意

占い師は職業人

人生は公平か不公平か?

出る杭は打たれる

活動期はいつ?

人生は120年

問題児とは?

丙午(ひのえうま)の話

丙午の日に生まれたら

生まれた時間がわからない・・・

手相の話

運命上の季節

羊刃とは?

書籍販売

特定商取法に基づく表示

プライバシーポリシー

お問合せ

最終更新日:2012.08.21

訪問者数:

 

デジタルたまごや

 
出る杭は打たれる

昔から「出る杭は打たれる」とか「過ぎたるは及ばざるが如し」とかいいますよね?これは全くそのとおりで、四柱推命で使う五行論でも同じようなことが論じられています。

「出る杭は打たれる」これは全く自然の摂理なのです。火事が起こればその熱気が上昇気流を起こし、遠くから冷たい空気を誘引します。その結果、雨が降って火を消します。火は猛火となれば自然と水がやってきてそれを鎮めます。つまり「出る杭は打たれた」のです。これはどんなことにもあてはまります。

人間の相性にも同じ理論が働くのが面白いです。例えば人間10人集まればその中の8人とは仲良くできる。ところが残り2人とはどうしてもウマが合わない。

これは実は五行論による相克の関係だからなのです。水と火の関係。だから合わせようとしても無理。では全く不必要かというとそうでもない。前述の火事のように火にとって水は自分を抑制してくれる大事な相棒なのです。つまり10人いれば相性の悪い人は2人はいるけれど不必要なものではなく10人とも自分にとって大事な存在だということ。

しかし、それぞれどう言う風に自分にとって大事なのかはなかなかわかるものではありません。ところが四柱推命ではそれが明確にわかります。特に男女の相性を見るのには最適な占い。どうですか、試してみては?

四柱推命のご用命はこちら>>