四柱推命による運命鑑定、人生相談、開運指導をいたします。

四柱推命による人生相談

 

たまごやの四柱推命

四柱推命とは?

ご利用方法と鑑定お申込み

四柱推命秘奥儀

占いコラム

 

内親王さまを占う

太いバス道路にご注意

占い師は職業人

人生は公平か不公平か?

出る杭は打たれる

活動期はいつ?

人生は120年

問題児とは?

丙午(ひのえうま)の話

丙午の日に生まれたら

生まれた時間がわからない・・・

手相の話

運命上の季節

羊刃とは?

書籍販売

特定商取法に基づく表示

プライバシーポリシー

お問合せ

最終更新日:2012.08.21

訪問者数:

 

デジタルたまごや

 
丙午の日に生まれたら

前回は昭和41年は丙午の年で、なぜかその年は人口が少ないのだけれど、運が悪いとかいう事は無く、気にする必要は無い、というような話をしました。

きょうは「では丙午の日に生まれたらどうなるか?」をお話したいと思います。

生まれた年が丙午の場合は、一学年全部丙午の年の生まれです。これは当たり前。でも丙午は、月(丙午月)にもあるし、日(丙午日)にもあります。四柱推命的にみると、丙午年生まれは全く問題になりませんが、丙午日に生まれると運命的には大きな何かを背負って生まれてきている、といえる例が少なくありません。

丙午日生まれの男子は大物が多いです。丙は太陽を表しますが、さすがにおおらかで太っ腹なところがあります。しかし、我が強く、女性問題を起こしやすく、妻となる人は苦労します。

丙午日生まれの女子は切れるような美人が多いです。性格はかなりきつく、四柱組織に「傷官」がある場合は、夫と生死別が早くに起こります。こちらも元来大物でして、家庭に収まるよりも外に出てガンガン仕事するほうが向いています。

丙午日と同じく、壬子日も似たような運命が待っています。丙午日や壬子日は十干十二支の関係で、60日ごとに巡ってきます。自分が丙午日あるいは壬子日生まれであるかどうかは、生まれた年の暦を見ればわかりますが、気になるかたはご一報下さい。

たとえ丙午日・壬子日生まれも恐れることは無いのですが、極めて強力な星であることに間違いはなく、それが自分にとってどういう影響を及ぼすかは是非知っておく必要があります。

例えば、女性で丙午の日の生まれで、四柱組織に強力な「傷官」という星があったとします。この場合は極めて高い確率で夫が早死にします。奥様はそれに備えて、生命保険をしっかり掛けておく。いやこれは笑い話ではなくマジな話なんです。そういう例はいくらでもあるんですから。

四柱推命のご用命はこちら>>