[230]パリでごはん(6)

18区のモンマルトル、メトロ駅ラマック・クランクールあたりは今でこそ高級アパルトマンが立ち並ぶお洒落な一角ではあるが、一昔前は売れない芸術家たちが屯し、酒と女に酔いしれるどうも人間臭い町だったようだ。この駅を出てすぐそばにある、ビュット・ド・モンマルトルと呼ばれる幾つかの名物階段の一つを登ると近くにはサクレクール寺院がある。この白亜の美しいバジリカ聖堂は地中海の砂を持ってきて作ったと聞いたことがある。でも本当かどうか分からない、美しいからそう信じておこう。でも、そんな事はどうでも良いとして、このパリで有数の観光地で安くて、美味しくて、そしてなんと言っても「パリっぽい」という食事の場所を見つけるのは大変。
私がこの駅の界隈に来る理由はやはり何と言ってもシャンソニエの名店「ラパンアジル」へ行くこと。この店については本通信69号で紹介したので今回は控えますが、でもパリに来たら是非ここでパリの哀愁を味わってもらいたい。夜がラパンなら昼はサクレクールの周辺やビュット・ド・モンマルトルの階段廻りの散策を楽しむことかしら。つい先日もここをぶらぶらしていてお腹が空いたので財布に相談してみたら、ちょっと悲しかった。
キュンキュン泣く胃袋とうるうるしたお目目を天に向けたら、このメトロ駅の前にRefuge「難民」という名前のおやじカフェがあるではないか。今の私にぴったりの店、テラスでランチを食べている人がいるけど結構美味しそうな一皿、ふむふむ、ランチメニューは10ユーロ前後、このモンマルトルでこの値段とは本当に「難民」を救うような値段だこと。
カウンターで管を巻くおやじを掻き分けて中に入る。手書きの黒板に書かれているミミズの象形文字を解読すると料理が家庭料理であることが分かる。常連が多いらしい。パリを「食べる」という目的で遊びに来るときには、ぜひこんなお店で食事をしてもらいたい。人間臭さ、パリの下町臭さが堪能出来るから。いつも仕事でお食事にお付き合いくださいというのを受けて、素敵なお店や人気のお店に案内するけれど、たまにはこういうおやじカフェ散策ガイドの仕事も来ないものか、と思っちゃった。
Le Refuge
72 rue Lamarck tel 01 42 55 27 58 休みなし
メトロ駅: Lamarck Caulincourt下車目の前、緑のひさしに黄色の文字で店名があり、まぶしい
夢路とみこ
【関連記事】
[069]ラパンアジル
[228]パリでごはん(5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です