[240]躍動する女性への旅企画

今年は団塊の世代が多く定年を迎える年。これまで会社生活だけに没頭していた人たちがしたいと思っていること「旅行」へのニーズはかなり高い。この世代を標的とした市場開発はかなり進んでいる。「ゆったり」「のんびり」「ゴージャス」のイメージが高い船旅はもちろんのこと、「ロングステイ」も増えているし、熟年を対象とした体験型ツアーも増えている。
でも、何故かしら「夫婦」がテーマとなっているものが多いのが不思議。だって定年するのは既婚者ばかりじゃないでしょうが。訳あって独身のまま、或いは離婚して定年を迎える人もいるはず。シングルには定年が来ないとでも思っているのかしら?気持ちはいつだって現役、でも定年は既婚者、未婚者、みな一緒。
女性のシングルは強い、好奇心も旺盛だし、順応力もすごい。アテンドしていて面白いのは、刺激になるのはこの手のクライアント。キャリアウーマンとして学ぶことも多ければ、大人の女としての振る舞い、選択の仕方、返って私の方がマナー教室代を払うべき。忙しい彼女達が望むのは、限られた時間の中で最大限楽しめる旅。そこには「何かを学ぶ」という要望も多し。
でも、巷にある「お稽古ツアー」は写真を見る限り若い世代が対象。40代の私だって、50代の彼女達だってやりたいことは一緒、でも、会社から離れた時くらい世代を忘れさせてくれる空間に入りたい。でも、そんなツアーは殆どない。自分の将来の事も考えて、じゃあないなら作るか、という事で始まった大人の女性に向けた旅行企画。
もちろんまだ現役のキャリア派にも、定年を迎えるキャリア派にも納得してもらえるようなものを作るのが目的。私が定年する頃にはこれが定番となる、選択肢も増えている、そんな事を願いながらぼちぼちと作り始めた企画。それがやっと具体化して来た。船の仕事で培った経験とノウハウを持っているからこそ動き回れる。
ほぼ毎日色々な人に会って、旅行企画、開発の協力を得てます。滞在期間がそれ程ない観光客のために内容の濃い、体験型の語学授業の講師探し、フランスの一般家庭の味をそのまま輸出できるようなマダムによる料理教室、英語でパリのローカル、国際派たちとの交流が出来るパーティやイベント参加。それは私が添乗する船旅がなものであるように、同じようなものを目指して。
フランスを丸かじりする旅のご相談はここで
http://www.french-styles.com/

夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です