[288]新居獲得奮闘気(2)

新居が決まりお引越しをしたのは午前中の仕事が終わってからの夕方に。友人達に引越しのお手伝いをお願いしたものの皆さん都合が悪く来てくれたのは、最初の同居人と女性友達となんと大家さん。元同居人は体調が悪いので車で荷物の移動のみ。入り口からお部屋までの移動は私達二人ともう初老でスケルトンのように痩せている大家さん。エレベーターがあるから殆どの荷物はそれ程苦労せずに運べたのですが、最後のそして私の最大の宝であるロッキングチェア?がエレベーターに入らない。
エレベーターそのものが小さい事にも原因はあったのですが。それに気づかず6階の部屋でチェア?が来るのを待っていたら、螺旋階段の下から荒い息が聞こえるではないですか。慌てて降りてゆくと、そこには4階までロッキングチェア?を担いでくれた友人が、それも彼女はハイヒールを穿いていて。エレベーターに入らなかったことをその時しり、今度はスケルトンの大家さんがそれを担ぎ出し6階の玄関まで。
玄関に着いたら、今度は玄関にある本棚が邪魔してロッキング・チェア?様が入れない。ひぇ?見学に来たときにこの入り口の狭さ気づかなかった、エレベーターの件もそうだけど。そしたらハイヒールの彼女とスケルトンの大家さんが二人してこの本棚を動かしだした。二人は足が悪い私を気遣ってくれて手伝わないで良いからと言うものの、二人が怪我したらどうしようと見ていてハラハラ。
お引越し開始から4時間後、荷物は全部入り大家さんも帰り、ハイヒールの彼女と二人で引越し祝いに。でも、大家さん側の都合で引越しした日から数日間入居できず近くのホテルに宿泊。偶然なことにそのホテルは数年前にパリで開催されたインテリアの見本市に私が通訳として派遣された際に私のクライアントが泊まったホテルだったのです。ホテルの玄関に入ってそれに気づき、また、ホテル宿泊中の数日間、食事をしたブラッスリーはその当時お客さんとほぼ毎晩のように食事をし、お酒を楽しんだ店でした。全くの偶然。レ・ゴブランに移ったこと、最後の最後になって希望の条件に近いところに決まったこと何か運命的なものを感じています。
私の部屋からは道路を挟んだ御向かいの住宅が良く見え、それはまるでウッディ・アレンの映画の一幕のよう。メトロは7番線一本のみですが、バスは充実していてパリの主要な場所には殆どバスで行けるというこの便利さ。今後が楽しみです。

夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です