[294]マドレーヌ教会食堂

メトロのマドレーヌ駅周辺と言えば誰でも知っている高級ブティークがぐるりとマドレーヌ教会を囲むように並んでいます。そこにはアップルティーのフォーション、フルーツパテのエディアール、トリュフならメゾン・ド・トリュフ、バカラやサンルイなどのクリスタルのお店もあります。目の保養と日本へのお土産探しにちょこちょこと歩く場所ですが。最近ここに「マドレーヌ教会食堂」があることを知りました。

これは一体何なんでしょう、これはマドレーヌ教会が運営している「食堂」なんです、ホントに。通常教会の地下は「クリプト」と呼ばれる地下祭室で教会に縁のある王家の人や貴族のお墓、教会のお宝、つまり宗教儀式に使われる贅沢な祭儀用具があったりするんですが、ここの教会の下には「食堂」がある。もちろん同じ地下の別の場所に「クリプト」もあるとは思いますが、でも、「食堂」を持っている教会は、「寺町パリ」でもここ位なのではないでしょうか。

この食堂については「知っている人は知っている」という場所でここに来る人は殆ど口コミのようです。特に宣伝もしていないようですし、教会に行ったからといってすぐに分かる場所でもありません。私も人からそれを聞き、入り口を探すのに教会の側面をぐるりと一周してやっと見つけたくらいの「こんな所にあった」という場所にあったくらいですから。これについてはこちらのサイトで詳細をご紹介していますのでよかったらご参考に。
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/44889152.html

日本には宿坊という施設があってお寺に宿泊して禅の修業をちょっぴり体験したり、精進料理を味わえたり出来てそれが外国からの観光客に人気があるようですが。でも、それは日本の仏教文化を知る事が主旨のようで、あまりこちらのように教会の維持費を自分達で工面するための食堂経営とはちょっと違うようですが。

でも、ヨーロッパの教会は面白い。ビール造ったり、ワイン作ったり、フランスの有名な焼き菓子マカロンはナンシーにある修道院で焼かれたのが始まり、パリで食べるマカロンとはまったく別物の、まるで関西のカルメラ焼きのような素朴な味のお菓子ですが、自給自足という観念の元このような行為を起こすフランスの教会社会の中に、なんで人に頼ってばかりの「物乞い」の人がメトロの中をうろうろするんでしょうね。さっぱり分かりません。

夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です