[306]郷土料理・かえる編2

私がディジョンを出て早くも2年半近くが経ち、その間に何度もこの町を訪れてますが変化があったりなかったりと、それに一喜一憂しています。悲しく思うのはディジョンらしい店がパリでも見かけるような店になってしまったこと。この店、ル・ジェミナルは私がディジョンに移ってきたばかりの頃、同じ語学学校で勉強していたソムリエールの峰子さんから最初に案内してもらったうちの一軒。さすがソムリエールだけあってどんな料理でもワインとの組み合わせを考えられるもんなんだと関心させられた思い出が。
朝市でもスーパーでも買えるこのかえるさんたちは、エスカルゴ同様になぜかしら魚屋さんに売っている。かえるの味は鶏のささ身に似ているから肉屋のような気がするんだけど、魚屋。だからワインもやっぱり白かロゼと教えてくれたのは上記の峰子さん。この店のワインリストには南仏のロゼもあるけれど、やっぱりこの町に来たのだからブルゴーニュのロゼ、マルサネーのロゼを注文したい。私たちはこのロゼと赤はやっぱりブルゴーニュにしかない、パストゥグランを注文。単にかえる料理を食べるなら中華料理にもあるし、中華ならロゼでも南仏はローヌのタヴェルやプロヴァンスのロゼになるでしょう。でもここはディジョン、やっぱりブルゴーニュ尽くしと行きたい。
かえるは魚扱いだから付け合せもやっぱり魚料理と同じでライスでした。そしてここは昔から日本語メニューがあるんです。
かえる以外でメンバーが喜んだのは塩味のフロマージュ・ブラン簡単に言うとこれはバターとヨーグルトの中間みたいなもので、バターほどに脂肪がなく、脂肪をさらに採るとヨーグルトになってしまうというもの。味はヨーグルト、でも濃厚さはバターに近い
パリでこれを注文するとだいたいがフランボワーズなどの赤い木の実のソースか蜂蜜が出て、甘くして食べる。でもブルゴーニュでは大半の店が塩味か甘み味かを聞いてくれる。もちろん私はいつも塩味、つまり、エシャロット、シブレット、ガーリックのみじん切りがそれぞれ小皿に盛られてくる方を注文します。だってチーズだもん、ワインのお供は塩味よ!
ル・ジェミナルのサイト
こちらもご参考にどうぞ
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です