[311]リヨンのお宿

このホテルを見つけたのはリヨン観光局のサイトから。
http://www.lyon-france.com/
今回は観光アテンドと異業種交流会の仲間を伴って、そして滞在期間も1泊という超短期だから、2つ星の中でもメトロ駅に近いということを最優先させてこのホテルに決めました。
http://www.hotelazurlyon.com/index.php
場所はリヨン・ペラーシュ駅から徒歩5分。駅からカルノ広場に向かう出口を出て広場を反対方向に渡ったら、目の前にすぐヴィクトル・ユーゴ通りがあり、ホテルはその通りの入り口すぐそば。この通りをまっすぐ突き抜けるとベルクール広場まで行けるという便利さに惹かれての予約。
入り口はチェックインカウンターと朝食をとるサロンがあり、雰囲気は明るい。オーナーが「うちのホテルはね、古い建物なんだよ」と19世紀の建築であることを自慢してました。「安ホテルの古いは=汚い、ウルサイ」の私のイメージを払拭するようなホテルでした。
60ユーロ前後のお部屋でもそれなりの広さがあり、ベッドの横でスーツケースが広げられる広さは有難い。私の泊まった部屋は中庭に面していたので窓から見えたのはリヨンならではのカラフルな壁を持つお隣さん。もちろん静か。
各フロアごとにテーマカラーがあるのか、レモンイエローやライムグリーンでドアやフロアのサイドテーブルがコーディネートされていたのは、女性好みだなと思いました。でも、このホテルの建築で気に入ったのは3箇所。ゆったりとドレープのようなエレガンスのある階段。そばの壁に掲げられている古き良き時代のリヨンの白黒写真。パリで同じようなものをよく見かけますが、リヨンのそんな時代を見るのは初めて、パリのそれのように素敵なお写真ばかり。
そして私が一番気に入ったのは、もちろんホテルのオーナーのご自慢中のご自慢のようでした、19世紀のクラシックなスケルトンタイプのエレベータ。これどうやって乗るの、と最初は困惑するくらいにドアの開閉に戸惑ってしまいましたが、この時代のものですからね、自動ではなく、自分で開けて閉める。フレンドリーなオーナーの雰囲気意も気に入ったので、またここに泊まるでしょう。
ご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/51187444.html
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です