[312]リヨンの食事所 その1

ディジョンと並んでリヨンは美食の里で。この二つの町の料理を比べるとこんな事が言えるのではないでしょうか。ディジョンは白い牛、シャロレー牛に代表されるように牛肉のお料理が得意。ワインソースもやっぱりブルゴーニュならでは。チーズもエポワッスやシトーで分かるようにウォッシュタイプで塩味がきつくワインにはぴったりという感じです。でも、リヨンは、豚肉や臓物系がお得意なので、ソーセージがおいしい。お肉そのものというよりもお肉加工品でしょうか。
ワインもコトー・ド・リヨネーズという元ワインがあるけれど牛肉のワイン煮などのがっしりした料理に合うブルゴーニュのワインと比べると、ソーセージとかサラミが多いこの地方のワインはやや軽めですね。もちろんこの地方はローヌ地方ですから、ローヌ川を南に下っていったらサン=ジョセフとかジゴンダスとかエルミタージ3とかしっかりしたワインもありますけど。でも、リヨンでもっともローカルなワインを飲もうと思ったら、ここはコトー・ド・リヨネに頼っちゃうかな。この地方のチーズもこの軽めのワインに合わせてできているのか、サンフェリシアンにしても、セルヴェス・デ・カニュにしてもフレッシュチーズのような軽さがあり、チーズがそんなに好きじゃない人でもすぐ親しめるものです。
リヨンへ行ったら私の胃袋ナビが向かうエリアは三つ、新市街のメルシエ通り、旧市街のサンジャン教会付近で有名なブッション料理界隈、そしてリヨン・パールデュー駅から徒歩10分くらいのところにある屋内市場、レ・アル ポール・ボキューズは午前中にリヨンに着いたときのランチ場所としては見逃せない。この屋内市場でのランチを目当てに私はなるべく午前11時までに到着するようにしてます。
この屋内市場の中のカフェやレストランはいつも地元の人たちでいっぱい。地元の人に入って、市場の中に店舗を持つ人たちもここで食事している姿を見かけます。リヨンはボージョレに近いからボージョレのおいしいものが安く飲めるのもここならでは。是非、朝食かランチをしにこのレアルにおでかけしてみては
こちらもご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/51195954.html
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です