[318]パリでごはん(7)

1区のマルシェ・サントノレの広場の一角にあるこの「シーフード」の店は牡蠣を始めとしてシーフードが安く食べれるとガイドブックで見て早速出かけてみました。この周辺で魚屋は一件しかないし、目立った看板があるのですぐ分かると思いますが。この看板もなぜかしら葛飾北斎の絵のようなもので、「お寿司」「お刺身」から来る日本食ブームに乗せてこれにしたのかどうかは知りませんが。
外から見るとただの魚屋にちょっとしたイートインコーナーみたいなテーブルと高椅子がある程度ですが、これが奥にはいるときちんとしたテーブル席があり、レストランのような雰囲気になっています。だから、店頭のテーブルに人がいっぱいで「入れない」と諦めてはいけません。確かにランチタイムは混んでますが、それでも奥に入ればお席があります。
ここは魚屋だけあってとにかく新鮮、だから別にBREのつかない月でもおいしいんでしょうね。ここのお勧めはFormule Expressという牡蠣6個にミュスカデというロワールの白ワインがグラスでついているものなんですけど、これ、思っていたよりもおいしかったので私のグルメノートには花丸です。
通常このような安い「お試しメニュー」になると安い分、いまいちなワインしかでないのですが、びっくり。普段はあまり好きでないロワールの白ワイン、シーフードにミュスカデが合うことは知っているけど、それでもあえてボルドーのアントル・デュ・メールなどを好むので、ここで出されたミュスカデにはにんまりしてしまいました。もちろん牡蠣もフレッシュでおいしかったし、ご丁寧にポワラーヌのパンが付いてくる。これポイント高し。
牡蠣のメニューはこの他に自分でアラカルトに選べて6個と1個、サイズも一般的な3番から巨大といわれる0番まであります。
このお店は毎週火曜日から土曜日までランチタイムとディナータイムに食べれます。金曜日と土曜日のみ午後10時までやっていますが、それ以外は午後7時まで。週末は付近のワインバーもかなり混むので、やっぱり午後でランチタイムをちょっと遅らせた静かな時間帯が良いようです。ワインもロワールのみならずいろいろあるので試してみる価値ありかも。
こちらもご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/51810374.html
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です