[320]ロレーヌ地方ナンシー観光

この地方の首都ナンシーはフランスでも特にアールヌーボー建築で知られる町です。アールヌーボーは浮世絵に影響を受けたフランスの芸術家たちが起こした「ジャポニズム」に起源があると聞いた事がありますが、パリ万博で始まったこれがどうしてナンシーなんだ、という事は未だに知りません。というか、私の勉強不足によるものなんですけれど。
でも、この町はエコール・ド・ナンシーに代表されるように「アールヌーボー」一色の町。ナンシー在住の方には申し訳ないのですが、ここは「花より団子」の「お花」それも「華」なんだと思います。町全体がパリ16区みたいな感じ、いや16区をもっと庶民的な雰囲気にした感じというのが正しい観測かもしれません。アールヌーボー建築があまりにも身近すぎて、気をつけて見ないと見落としてしまうかもしれません。それくらいに頻繁にあるのです。
ナンシーは好きで船の仕事と個人旅行で何度も行っていますが、何度行っても飽きない町の一つです。飽きないけど、1回の旅行は2泊くらいが丁度良いかなと思ってしまう事も。
この町はそれほど大きな町でないのか、主だった観光名所はスタニスラス広場の周辺に集まっていて、それ以外はアールヌーボーの建築を散策しながらゆっくりと楽しむ過ごし方をお勧めします。アールヌーボーファンなら見逃せない美術館が2つ。ナンシー美術館とナンシー派美術館。日本語訳の名前が似ているから間違えそうですが、場所も内容もかなり違います、でもどちらもお勧め。ナンシー美術館にはクリスタルメーカーのドームのコレクションが地下の展示室に数百点ほどあり美の歴史に魅了されます。ナンシー派美術館はスタニスラス広場とは全く反対の方向で駅を挟んで市街とは全くかけ離れた、でも徒歩でも行ける距離、にあります。こちらはまるで木造植物園の中にいるような感じですね。「浮世絵」からヒントを得て派生した芸術だけあって、日本人の審美への感覚に訴える何かを感じます。
最後にここは「花より団子」の「花」の方なのでガストロノミーについてはまだ私はこれと言った美味しいお店には巡り合ってません。ナンシーへ行く回数が少なすぎるのか。ワインもやっぱりここではアルザスを注文してしまいました。
こちらもご参考にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/beaucaillou7/54361026.html
夢路とみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です