[100]内縁の妻

よく新聞や雑誌で出てくる内縁の妻。これはいったいなんなのでしょう?

内縁の妻とは「婚姻届」を出してないというだけで、その実質は「妻」です。したがって社会でも法律でも妻として認められます。

妻となれば義務が生じます。同居、扶助、貞操守護、債務の負担など。また当然ながらお互い独身であることが条件となります。

内縁の妻と愛人とはまったく違うものです。内縁の妻は法的に守られ、同時に上記のような義務が生じますが、愛人は上記のような義務は無いかわりに法律的にも保護されません。要するに社会では認められない立場だということです。

愛人の場合は、男女どちらかが既婚であることが多い。というか、独身男女の場合はあまり愛人関係にあるとは言わないですね。恋人同士であるということが一般的。

なお、私のやっている四柱推命では男女が自然に同棲することを結婚といいます。籍を入れるとか入れないとかは、のちになって社会が勝手に決めたこと。四柱推命は人類の発生以前、地球の誕生から息づいている五行の理論に基づいています。

【関連記事】
[105]内縁(2)